記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡のインド料理本 " the curry secret " 中編

さて前回まででこの the curry secret という極めて特殊なレシピ本から4種類のチキンカレーのレシピ概要を紹介した。
そしてその4種類がほぼ同じレシピでほぼ同じ味という驚愕の知見を得たわけである。
今回残りのレシピも見て行こう。

・チキンムグライ
このカレーには生クリームと溶き卵が入る。
それ以外は、言うまでもないのかもしれないがやっぱりチキンカレーと全く同じである。
しかし牛丼と他人丼が別の料理である事を考えるとこれは明らかに違う料理と言って良いだろう。
しかもこれは提供時に缶詰マンゴーのスライスが飾られるのだ。
なんだかすごく頑張ってる感がある。
もう一つ大事な事があった。
このカレーは黄色のフードカラーで色付けされる。
黄色づくしでなんだか金運が上がりそうなおめでたさはさすがムガール帝国の名を冠したメニューと言うべきか。

・チキンドーピアザ
ドーピアザとは、玉ねぎ2倍、の意味である。
その名の通り玉ねぎの輪切りが入る。
そしてあとはやっぱりチキンカレーと同じである。
だだし玉ねぎがたくさん入る分、グレイヴィはより濃く煮詰めるようにという指示がある。

・チキンコルマ
刻んだカシューナッツと生クリームが入る。
後はだいたい一緒。
そして黄色のフードカラーで色付けされる。
マイルドなカレーは黄色、の法則があるようだ。

・チキンダンサク
インド西部ゾロアスター教徒のコミニュティに伝わる、伝統的で本来たいへん手間のかかるこのカレーもこの本では実にあっけない。
ベージの後の方にある野菜料理のセクションに登場する、ダルタルカというレンズ豆を煮た料理とレモン汁をチキンカレーに合体させれば完成である。

・チキンサグワラ
チキンカレーにほうれん草の缶詰を加えて完成である。
おそらくチキンカレーとほうれん草の味がするであろう事は想像に難くない。

・チキンティッカマサラ
出た、イギリス人の大好物である。
これも基本的にはチキンカレーと同じレシピだが、ここまでの物と違い、チキンは焼いたチキンティッカ、つまり骨なしのタンドリーチキンが入る。
そこに少量の生クリームが入る。
チリが増量されておりちょっと辛い。
なので赤く着色される。

・マッカンチキン
これは前述のチキンティッカマサラととてもよく似ているが、こちらは骨なしではなく骨付きのタンドリーチキンで、生クリームの量がより多い、という程度には違いがある。
もはやそれだけ違えば充分という気がだんだんしてくるから不思議である。

・バルティチキン
これだけは違うセクション、バルティディッシュという独立したカテゴリーの中にある。
バルティディッシュとは、パキスタン料理を意味する。
小さな中華鍋のような鍋を熱々に熱した物で石焼ビビンバのように提供される事もある。
カテゴリーも違えば国籍も食器も異なるメニューであるため、これだけ色々異なっていれば味まで異なる必要は無いという判断であろうか。
チキンカレーに玉ねぎとピーマンが加わった物がその中身である。

さて以上がこの本に登場するチキンを使ったカレーの全てだ。
数ページをめくると続いてマトンディッシュのセクションだ。
ついでだからこちらも紹介しようと思ったのだが、ここまでのチキンメニューのチキンをマトンに入れ替えたらそれで8割がた説明が完了する事になってしまうのでとりあえずもうこれで終わりとさせていただきたい。

その代わりと言ってはなんだが、みんな大好きチキンビリヤニのレシピを紹介しておこう。
ビリヤニを調理するためにはまずプラウライスという物を準備する必要がある。
これはバスマティライスとギー、玉ねぎをいくつかのホールスパイスと共に炊いた物だ。
それを赤と黄、2色のフードカラーでまだらに染めておく。
このプラウライスをフライパンでチキンと共に炒める。
このチキンはチキンカレーに使うチキンと同じ加熱調理済みの物だ。
炒めたプラウライスとチキンは皿に盛って冷めないようにしておく。
そこに例のカレーソースにガラムマサラとチリを加えた物を温めて上からざばっとかけたら完成である。
もう一度言う。
完成である。

この本では他にマトン、エビ、野菜のビリヤニが掲載されている。
これ以上の説明は不要であろう。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イナダシュンスケ

Author:イナダシュンスケ
業態開発とメニュー開発を中心に飲食店の雑用全般。enso / Erick south / Erick curry などなど。
ただしこのブログは完全プライベートであります。
偏り気味の食文化論、役に立たない食べ物ウンチク、飲食店の愉快でトホホなリアルライフ、そしてたまにはヒット数稼ぎの阿漕なレシピ公開、好きなものを好きと言うだけの中身の無い雑談、などをだらだらと垂れ流す予定です。
↓小ネタはコチラ↓
https://twitter.com/inadashunsuke

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。