記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパム!スパム!スパム!

さて、いきなり問題です。

以下の食品を、100gあたりの塩分量が多い順に並べ替えてください。

①シャウエッセン
②セブンイレブンのサラダチキン
③ローソンのサラダチキン
④スパム
⑤スパム減塩タイプ ( 20% less salt )







おそらくほとんどの人が

・スパム
・スパム減塩タイプ
・シャウエッセン
・セブンイレブンのサラダチキン
・ローソンのサラダチキン

という答えを出すのではないだろうか。
この5品目を目の前に並べて、味見しながらランクを付けたとしても、体感的にはこの順番なのだはないかと思うがどうだろう。

正解はこちら。
・品名 (ナトリウム量) 食塩相当量
の順で書いておこう。

・スパム (880mg) 2.2g
・ローソンのサラダチキン (850mg) 2.2g
・シャウエッセン (840mg) 2.1g
・スパム減塩タイプ (700mg) 1.7g
・セブンのサラダチキン (468mg) 1.2g

どうだろう。かなり意外な結果に見えないだろうか。
しょっぱい食べ物の代名詞のようなスパムは確かに一位だが、実はシャウエッセンやローソンサラダチキンと数値的にはほとんど変わらない。
スパムは減塩タイプでもしょっぱすぎて食べられないという声もよく聞くが、塩分量自体は実はこれらよりぐっと少ないのだ。
1.7%の塩分がどのくらいかと言えば、濃いめのラーメンスープは実はこれと同じくらいだったりする。
スパムと同じくらいの濃さの汁を我々はぐびぐび飲んでたりもするという事だ。
また同じサラダチキン、コンセプトもパッケージも類似した商品同士でもこれだけ差があるというのはちょっとにわかには信じがたい。

種明かしをするならば、塩分が多くてもそれをあまり感じさせない秘訣は、甘味と旨味だ。
スパムとシャウエッセンの塩分がほぼ同じなのにシャウエッセンがそれほどしょっぱく感じないのは、糖と旨味ががっつり入っているからだと思われる。
サラダチキンでも、味付けに旨味の濃いブンヨンを使ったローソンの方は、塩分が倍近く多いのにそれをあまり感じさせない。


以前、スーパーに加工食品を納めている食品メーカーの方たちの話を伺った事がある。
彼らが言うには、

・消費者は何かと自然な味、薄味がいいと言うが実際は味が濃いものがよく売れる
・とは言うものの少しでもしょっぱすぎたり酸っぱすぎたりすると嫌がられる
・そうなると、塩や醤油もしっかり使った上で、旨味と甘味をそれ以上に効かせるのが売れる商品になる
・実際にスーパーのバイヤーさんもそういう味付けじゃないとなかなかゴーを出さない。

私はこの話を聞いて、とてもいろんな事が腑に落ちた。
売ってる漬物はなんであんな味なのか。
売ってる塩辛などの海産珍味はなんであんな味なのか。
国産のハムやソーセージ、ベーコンなどはなんであんな味なのか。
業務用メーカーが勧めてくる既製品の惣菜やタレはなんであんな味なのか。

個人的な感覚と言えばそれまでだが、私はそれらは全て、甘味と旨味が過剰だと感じる。
別にしょっぱいならしょっぱいで良いのに、物足らないなら物足らないでもいいのに、と思う。
皆さんはどう感じるだろうか。

高級フレンチや懐石料理などの、素材がいいからこそ許されるギリギリまで控えた上品な味付け、そしてそれが物足らない事がないように贅沢なダシやフォンでまとめられた味わいは確かに素晴らしい。
だが日常の食べ物がみなそうである必要はないし、またそれは求めてもとこかに無理がある。
しょっぱいけどそのしょっぱさを我慢してこその美味しさ、とか
酸っぱいけどその酸っぱさを我慢してこその美味しさ、とか
臭いけどその臭さも込みで美味しい、とか
味薄いようだけど感覚を研ぎ澄ませたらじわじわ美味しくなってくる、とか
そういうものはもっとあっていいのではないかと思う。
あらゆる食べ物が全て同じように食べやすい味であるのはこれほどつまらないこともない。
「しょっぱければワインを飲めばいいではないか」とあるレストランのギャルソンは言った。
「漬物がしょっぱい?ならば米をたくさん食べればいいではないか」と私は言いたいのだが。

日本の消費者はシビアだ。
そして作り手は真面目で技術力も高いから、消費者が嫌がらないようなものをきちんと作って提供する。
それは確かに素晴らしい事だけど、それはどこか「ワガママな子供とそれを甘やかすママ」のような構図にも見えてしまうのは私だけだろうか。





スポンサーサイト

コメント

No title

ブンヨン とは

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イナダシュンスケ

Author:イナダシュンスケ
業態開発とメニュー開発を中心に飲食店の雑用全般。enso / Erick south / Erick curry などなど。
ただしこのブログは完全プライベートであります。
偏り気味の食文化論、役に立たない食べ物ウンチク、飲食店の愉快でトホホなリアルライフ、そしてたまにはヒット数稼ぎの阿漕なレシピ公開、好きなものを好きと言うだけの中身の無い雑談、などをだらだらと垂れ流す予定です。
↓小ネタはコチラ↓
https://twitter.com/inadashunsuke

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。